TOP » 裏側矯正の歯科選びお悩み解決Q&A集 » 裏側矯正に抜歯は必要なの?

裏側矯正に抜歯は必要なの?

どうして抜歯するの?

歯の矯正をする時に、しばしば抜歯をすることがあります。 しかし、虫歯でもない永久歯を抜いてしまうのはもったいない…そう感じる人もいるでしょう。 そもそも歯を抜くのが怖い!という人もいると思います。

どうして矯正をする時に、抜歯をするのでしょうか?

歯の矯正は、歯並びをよくするために行うもので、場合によっては抜歯をした方がスムーズにきれいに矯正ができます。 歯並びの悪さは、歯の大きさと顎の大きさが合っていないために起こるものです。

例えば、顎が小さく歯が大きくて歯並びが悪い場合、抜歯をせずに矯正を行うと、現状の大きさの中で歯並びを無理やり良くしなければならないので、矯正がうまくいかなかったり予想以上に時間がかかってしまうことがあります。 必ずしも抜歯をしなければならないというわけではありませんが、抜歯をした方が矯正がうまくいったり、治療が早く終わったりと、メリットもあります。

歯を残すことが患者さんのためにならない(理想の歯並びにならない、横顔がキレイにならないなど)と判断した時には、抜歯をした方がいいこともあります。 個人の歯の状態にもよるので、抜歯をした方がいいのかは、医師の説明をしっかり聞いて判断するべきでしょう。

裏側矯正も抜歯は必要?

裏側矯正の場合も他の矯正と一緒で、抜歯をした方がいい時と、抜歯をしなくてもいい時と、どちらもあります。 裏側矯正の場合も、顎の大きさが小さく歯の大きさが大きくて歯並びがガタガタになっている時などは、抜歯をする必要があります。

しかし、裏側矯正だからと言って絶対抜歯をしなさい!ということはないので、自分の歯の状態をしっかり見てもらって、抜歯が必要かどうかを判断してもらいましょう。

歯を抜かない選択肢もある?

どうしても歯を抜きたくない、という人もいると思います。

実は、非抜歯矯正といって、抜歯をせずに矯正を行う方法もあります。

非抜歯矯正の主な治療法は

  1. 歯を抜かず奥歯をより奥に移動させる
  2. 歯を抜かず歯並びを外側に拡げる
  3. 歯を抜かず歯を削って隙間をつくる

この3つの方法で、抜歯をしなくても歯並びをきれいにしていきます。

永久歯を残せるメリットはあるのですが、無理に歯を並べることで歯茎に負担がかかってしまったり、矯正後に後戻りしやすくなってしまうデメリットもあります。

顎の骨が成長段階である低年齢であれば、顎拡大矯正という顎の大きさを大きくする矯正も可能です。 将来抜歯する可能性を非常に少なくさせることができます。

しかし、抜歯をしないということが必ずしも正解というわけではないので、そういう選択肢もあるんだということを頭に入れた上で、自分に合った治療プランを選択することが大事でしょう。

東京の裏側矯正おすすめクリニック