TOP » 裏側矯正の歯科選びお悩み解決Q&A集 » 裏側矯正の治療期間や通う頻度は?

裏側矯正の治療期間や通う頻度は?

平均的な治療期間について

矯正治療を始めたら、どれくらいで歯並びがキレイになるのか気になりますよね。 それでは、裏側矯正の平均的な治療期間について見に行きましょう。

裏側矯正の治療期間は、治療前の検査で実際に口の中を見て、歯並びの状態や歯の動きを確認したうえで決まります。 なので、口の中の状態によって治療期間は異なってきます。

平均的には、装置を装着して歯を移動させる期間が1~2年程度、後戻りを防ぐために保定装置による保定期間が1~2年程度かかります。

これは表側矯正の治療期間とほぼ変わりません。

装置を装着して歯を移動させれば治療完了だと思っている人も多いかと思いますが、移動したばかりの歯はとても不安定で元に戻りやすいため、安定化を図る保定期間も必要になってくるんです。 ですから、トータルの治療期間が4~5年ほど長く治療にかかってしまうこともあります。

「結構時間がかかるんだ!」とびっくりする人もいると思いますが、なるべく矯正の痛みが少なく精度の高い治療を行うためには、これだけの期間が必要になってきます。 しかし、患者さんによっては、もっと早く矯正治療を終わらせたい!という人もいると思います。

クリニックによっては、歯の動きを促進させる技術などで、矯正治療の期間を短縮させるプランもあります。

短期間の矯正治療に対応しているかどうかは、クリニックに相談してみると良いでしょう。

通院する頻度

裏側矯正はもちろん、歯の矯正は、装置をつけて1~2年待っていればいいというわけではないんです。

メンテナンスのために通院する必要が出てきます。

通院の頻度は、平均して3~5週に1回です。 つまり、月に1回は通う必要があります。

通院して行うことは、

など、矯正装置を正しい状態に保つ、口腔内をクリーンな状態に保つためのメンテナンスを行います。

歯ブラシの指導は歯の矯正に必要なの?と思う人もいると思いますが、歯の矯正をすると、装置が邪魔して歯磨きがしにくくなり虫歯のリスクが高まるので、多くのクリニックで歯ブラシの指導を行っています。

月に1回、定期的な通院を約2年間続けることになりますので、クリニック選びの際には自宅から近い・仕事の帰りに寄れる場所など、自分が通いやすい立地にあるクリニックを選ぶことをオススメします。

東京の裏側矯正おすすめクリニック