TOP » 裏側矯正の歯科選びお悩み解決Q&A集 » 裏側矯正の年齢制限や適齢期は?

裏側矯正の年齢制限や適齢期は?

裏側矯正に年齢制限はあるの?

歯の矯正は、今の私の年齢でも始められるのかしら…と悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

年齢が上がると矯正できません、なんて言われたらショックですよね。 でも実は、歯の矯正に年齢制限はありません

20代でも、30代でも40代でも、それ以上の年齢でも治療を始められます。 どんな年齢でも、美しい歯を手に入れることが可能なのです。

でも、裏側矯正に限っては、矯正装置の制約上「小児」に使用することができません。 よって、お子様の歯の矯正は、基本的に表側矯正になります。

裏側矯正も年齢に上限はないので、大人の方であればだれでも治療を受けることができます。

裏側矯正の醍醐味は、周りに気づかれることなく矯正ができることです。 接客業やサービス業など、仕事上人と顔を合わせることが多いという方にぜひ挑戦してもらいたいですね。

裏側矯正の適齢期とは?

では、裏側矯正を始めるのに一番適した時期はあるのでしょうか?裏側矯正の適齢期についてご紹介します。

裏側矯正の適齢期は、ズバリ中高生または30代でしょう。

先ほど、裏側矯正は装置の制約上「小児」に用いることができないとお伝えしました。 実際、あごの骨が成長段階で歯も動きやすい幼少期から小学生の時期に矯正を始めるのがベストだと言われていますが、裏側矯正は装置の制約があるためこの時期に始めることができません。

中学生以降になれば裏側矯正ができるようになり、20歳までならまだあごの骨が成長段階で歯が動きやすい状態にあるので、中高生の時期に裏側矯正を始めるのは適していると言えます。 見た目を気にし始める思春期に当たりますが、裏側矯正なら目立つことなく周りに気づかれずに治療を進めることができるので安心ですね。

また、30代は、自分のために使えるお金や時間が増えてくる時期でもあります。

裏側矯正は、通常の表側矯正に比べて若干費用が高く、トータルで支払う金額も多くなります。 30代は、自分の余裕を持ちながら治療を始められる最適な時期だと言えます。

仕事で人と顔を合わせたり、プライベートでママ友に会ったりと、30代は人に会う機会も増えると思いますが、裏側矯正なら見た目を気にすることなく治療ができるのでオススメです。

もちろん40代50代になっても、裏側矯正を受けることは可能です。 しかし、この年齢になると、加齢による歯のトラブルが発生しやすくなります。

虫歯や歯周病がある場合、その治療をしてから矯正の治療になることが多いので時間がかかってしまう傾向にあります。

まとめ

裏側矯正の適齢期を紹介しましたが、実際は小児以外であればどの年齢から始めても大丈夫です。

早めに始めるに越したことはないのですが、もう私は50代だから矯正しにくいかもしれないわ…と神経質になりすぎず、矯正をしたいと思ったら、まずはクリニックに相談してみると良いでしょう。

東京の裏側矯正おすすめクリニック